読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うぇーい

ヲタクの吐き溜め場所

ユーリ!!! on ICE 11話を見て

その他

 

 

タイトルがなんかもう小学生の読書感想文みたいになってしまいましたが、最終話を迎える前に思ったこと、感じたことを細々と書きます。

まだ見てない人は盛大にネタバレするのでお気を付けて。

 

 

 

 

SP終了後の順位は、まあ妥当かなと。

今まで上手くいってたJJにグランプリファイナルの魔物が取り憑いたっていう展開は最高だったね。最後まで上手くいくとは限らない。大舞台というのはなんでもそうだと思うけど、番狂わせが起きるもの。

そう思うと、主人公の勇利が今まで1位取れてない展開も最高ですよね。まだまだ分からない感じが、すごくいい。

 

 

ユリオはSPで絶対1位とると思ってた。ロシア大会ではアガペー未完成だったし、きっとグランプリファイナルでユリオの今季のアガペーは完成するだろうとずっと思ってたので。勇利や長谷津の人たちとの出会いや、じーちゃん、オタベックとの友情、幼い頃からずっとスケートばかりしてきた15歳のユリオは、やっとアガペーを完成させた。きっとまだまだこれからも新しい出会いを通して、彼なりのまた新しいアガペーを作り上げてほしい。しかし歴代最高得点はアツいね。ちよっと勇利と点数離れすぎてない??勇利が挽回できるのか少し心配になりますよね……

 

 

オタベックはどんな演技するのか全く予想できなかったけど、私のような平凡な庶民にとって彼はすごく希望だった。昔は特に目立ちもせず才能に恵まれていたわけでもない。だけど自分の道を見つけて努力した結果がグランプリファイナル出場って、やばい。他のキャラについつい目を向けがちだけど、私はオタベックのような凡人の努力家、大好きだよ。諦めなければ、自分に合った努力の仕方をすれば、夢は叶うかもって、希望を持たせてくれる。そしてちょっと不器用な感じ。好きだわ〜〜〜。

 

 

クリスは相変わらずというか、やっぱり何度も表彰台に登ったこともあって、安定してる。彼の演技はハラハラせずに見れるのが良き。経験の違いですよね、きっと。そして良いキャラしてるわクリス。CV安元の効果もあって、ほんと安定してるわ、好き。

 

 

ピチットくんはね、演技と関係ないことなんだけど、あのハムちゃんズ可愛すぎてしんどい。確かに動物に好かれそうだよね。SNS廃人設定も最高すぎる。そしてピチットくんの純粋さが尊い。きっと勇利のことを純粋に大切な友達だと思ってるよね。たとえライバルでも。それと違って勇利は人間らしいところあるから、ピチット君のことは友達である以前にライバルだっていう感情の方が強そう。でもピチットくんの演技は彼の純粋さがしっかり表れていて素晴らしかった。滑りきった後の涙も最高だった。

 

 

 

勇利のエロスも板についてきたよね〜。SPでもラストに4回転フリップを跳ぼうとする挑戦的なプログラム、最後に手をついてしまったとはいえ、いい心意気だったなと思う。勇利は、SPは今まで上手くいっていたので、ファイナルでは失敗するんじゃないかなと心配だったのですが、まさかのプログラムを難しくするという展開でしたか。いやはや。第一滑走だったこともあり点数は伸び悩みましたが、あれはあれで彼の1番の演技だったんじゃないかな。勇利自身も、挑戦したことを後悔していないと言っていましたし。私自身、その言葉に安心したのを覚えています(笑)

 

 

 

 

いやあ、最終話がほんとに楽しみです。11話のラスト、Cパートでは不穏(という程でもないですが)な空気でしたね。勇利とヴィクトル、彼らはどのような判断をするのでしょう。そして勇利はヴィクトルに対して、スケートに対して、どのように愛を証明してくれるのでしょう。最終話、きっとどんな結末でも泣くと思う。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、ユーリ!!! on ICEの真の主人公はユーリ・プリセツキー(タイトル通り)で、実は勇利もヴィクトルも当て馬キャラにすぎなかった!みたいな結末だったら、それはそれで逆にスタンディングオベーションものですけどね。よくあるドンデン返しどころじゃねえよ……

 

 

 

あと1週間もないですが、最終話のFSに向けて精神的に鍛えないとですね。

 

 

 

 

楽しみだなあ〜〜!(前向き)